昔の隙間だらけの家とは違う快適な空間

築40年ほどの自宅が隙間風が吹いたり、柱に亀裂が走っていたりと老朽化がかなり進んでいたので思い切って新築を購入しました。以前の家は冬など本当に寒かったので現代の高断熱高気密住宅というものに憧れていました。家を建てるにあたって「ZEH」の情報も調べましたが、私の家は寒冷地にあり、「ZEH」の住宅は寒冷地に向かないという情報をいくつか目にしましたので除外しました。我が家では今の住宅事情とは多少ずれているのかもしれませんが、石油燃料を使った給湯器を導入しています。先述した「ZEH」や「エコキュート」などの電気式給湯器よりも寒冷地に至っては石油燃料の給湯器の方が十分な暖かい熱を確保できるという触れ込みを何件か拝見したので、給湯器の熱を利用した温水ヒーター付きの石油給湯器を導入しました。実際の新居に住んでみると高気密高断熱の住宅という事もあいまって暖房効果は抜群でした。やはり石油燃料なのでエコではないのですけれども、暖まるまでのスピードが早い気がします。給湯器の燃焼音は小さく、近所迷惑にはならない音量です。高気密の住宅なので、外に置いてある給湯器の音がシャットダウンされている、というのもあると思います。加えて高断熱なのでヒーターの電源を消してもしばらく暖かい空気が残り、ちょっと出かけて帰ってきても部屋が暖かいという事に感動しました。高齢の両親も「エアコンよりも風が柔らくて気持ちいい」と言ってくれ、満足しているようでした。今までの隙間風に震えていた生活から一新し、快適な暮らしを送れているので新築住宅を決断して本当に良かったと思いました。