家を建てて専業主夫になりました

私たちは夫婦共働きで暮らしています。しかし、大分市で自然素材の家を購入する時に、夫である私は専業主夫になることにしました。実は妻と私が所属する会社には格差があり、妻の稼ぎの方がずっといいためです。新築一戸建ての家を購入する時、私は妻の負担が少ない家を買おうと思いました。そこで妻の会社に近い家を購入することを提案しました。私の会社からはとても遠くなりますが、仕事に家事に忙しい妻のため、長距離通勤も仕方ないと覚悟していたためです。しかし妻は「だったら、主夫になればいい」と提案してくれました。私としても会社にそれほど未練がなかったため、妻の仕事のサポートをしながら新居で新しい生活のスタートを切るのも悪くないと思いました。こうして妻の会社の近くに一戸建ての家を建てて、私は専業主夫になりました。妻は家事をしなくてもいいし、通勤も楽になったと喜んでいます。私も主夫が性に合っていたのか、毎日が楽しいです。家を購入することをきっかけに、新しい幸せを手に入れたと感じています。